ホーム > トピック > 信徒宣教者として海外派遣へ

信徒宣教者として海外派遣へ

2010年11月13日 日本カトリック信徒宣教者会 ミサ・派遣式

成城教会の信徒でもある石田咲子さんが信徒宣教者としてカンボジアに派遣されることになり、その派遣式が11月13日にコングレガシオン・ド・ノートルダムで行われました。調布修道院の聖堂で行われたミサと派遣式は、レオ・池長潤大阪大司教が司式をし、大司教が他の4人の派遣者とともに石田さんを祝福しました。

石田さんは日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)での半年余りの研修をこのほど終えて、来年1月から2年半カンボジアに派遣されます。JLMMはアジア太平洋地域に信徒宣教者を派遣する活動をしており、信徒宣教者は派遣先の地域の人びとと共に生活しながら、キリストのことばを実践し、伝えることをめざしています。

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード