ホーム > トピック > Let's begin! -新役員挨拶-

Let's begin! -新役員挨拶-

飯沼  小野崎  森部  片桐
(敬称略) 

運営委員長 小野崎 英美(おのざき えみ)

コロナ禍ではお互いにマスクをつけているのでなかなかお顔を覚えられませんね。私は時々ミサ案内係をやっている、日本語がなまっている大柄の女性です。ブラジル人ですので気楽にポルトガル語でも声かけてください。

ミサ案内をやっていると多くの方から「ありがとう」とお言葉を頂きます。それが私の「心の栄養」となり奉仕の気持ちが更に湧いてきます。だから逆に私から皆さまにお礼を言いたいです。私は「ありがとう」が沢山もらえますようにといつも祈っていて、「ありがとう」が私の「心の栄養」となり生きる糧の一つとなっています。この度、運営委員長に指名され、当初は自分には無理だとお断りしました。しかし、自分の日々の祈りを振り返ってみると、この指名を断るわけにはいかないと気が付きました。

山本神父様をはじめいつも成城教会で奉仕して頂いている皆さまのお力を借りて、一年間運営委員長を務めさせて頂きます。皆さまにとって居心地が良く、心が癒され、助け合いができる教会を維持し、そして奉仕の機会を少しずつでも広げることができるように頑張りたいと思います。感謝があふれる成城教会でありますようお祈りいたします。

 

 

運営副委員長 飯沼 浩江(いいぬま ひろえ)

コロナ禍が長引き、教会の諸活動が中断するなか、役員が担当しているミサ案内係を務める以外に、これといった形も残せぬまま、あっという間に1年が過ぎてしまいました。 

ただ、専門部会と役員会、双方の立場に身をおくことで、初めて見えてきたこともあります。各担当間で情報を共有し、よりスムーズな教会運営ができるよう見直しできたらと思います。 

一個人の提案が、教会として取り上げられる機会はなかなかありません。そのような意味では、今をチャンスと捉え、悔いを残さぬよう努めたいと思います。そして、今年度の課題の一つに挙げている「教会活動の見直しと活性化」の実現に多少なりとも貢献できたら幸いです。 

地区会制度の見直しは、地区会活動再開の目処が立つまで取り組むことができないため、任期中に具体化する機会は訪れないかもしれません。地区単位での奉仕の機会が減ったうえに、コロナ禍により一層希薄になった地区内でのつながりを活性化する方策にたどり着き、次への引き継ぎができたらと思います。もしも、教会に馴染めずに取り残されている方がいらしたら、つながることができますように。あと一年よろしくお願いいたします。 

 

 

運営副委員長 片桐 立夫(かたぎり たつお)

あらかじめ白状しておきますが、私は優等生の信者ではありません。小学生の時にこの成城教会で洗礼を受けたので、信者歴だけは約50年になります。教会学校や中高生会の合宿などは楽しい思い出です。しかし就職して実家を出てからは、教会に行くのは年に数回と縁遠くなってしまいました。 

さて、転勤で大阪にいた時、休日はよく京都へ行っていました。京都観光ではお抹茶を頂く機会も多かったのですが、飲み仲間がお茶を習っていることが分かり、私も入門編だけ習うことにしました。何度かお抹茶を頂いているうちに、「お茶席ってキリスト教のミサに似ている!」と思いました。和菓子とお抹茶が、だんだんパンと葡萄酒に思えてきて、お抹茶を頂きながら、ミサのことを考えていました。 

10年ほど前に、ようやく東京に戻りました。2年前から教会の財務のお手伝いをするようになり、今回神父様から運営委員のお話を頂きました。お茶のお稽古でも、お水屋といって道具の準備など裏方の仕事がありますが、運営委員も同じようなことだとすれば、やってみようと思いました。こんな私でいいのだろうかと思いつつも、今はちょっとワクワクしています。どうぞよろしくお願いします。 

 

 

運営副委員長 森部 由紀(もりべ ゆき)

今年から運営副委員長を務めます森部由紀と申します。私は2010年に前任の福島神父様に洗礼を授かり11年経ちました。数年前施設部会長を務めた際、教会の組織については漠然とした理解でそのうえ専門知識もなく手探り状態でした。その際に「困ったときは必ず助けてくれる人がいますから、それが教会ですから」と、神父様の温かいお言葉で不安な背中を押された記憶があります。本当にその言葉通りに周りの方に支えられた2年間でした。 

今回運営副委員長という大役を仰せつかり、正直迷いましたが、すべてのことには時があるという言葉を信じて、お引受けしました。今はこんな微力な私に僅かでも聖霊の力が働いてくれることを祈るばかりです。 

信徒総会では2022年度の課題として安全対策への取組み、教会活動の見直しと活性化などが挙がりました。今年の取組みがこれからの成城教会につながるよう、少しづつ前に進めるよう、神父様、皆様のお手伝いができればと思います。皆様の貴重なご意見を仰ぎながら、時間が限られることもあると思いますが、丁寧に取り組んでいきたいと思います。立ち往生してしまった時には更なるお力添えをいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。 

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

3月のメッセージ

教会報ダウンロード