ホーム > トピック > 新三役ご挨拶

新三役ご挨拶

村山副委員長  実吉運営委員長  二階運営副委員長  本田運営副委員長

運営委員長を拝命して

運営委員長 実吉 敬二

私がこの教会にお世話になり始めてから今年でちょうど50年になる。その間、8人の主任神父様のご指導を仰いだ。同じ神様のみ旨を実現するうえでもそれぞれの神父様がそれぞれのやり方で司牧され、私たち信徒にとっては神様の恵みの豊かさ、奥深さを感じることができる貴重な日々であった。

そして今年、私は運営委員長を拝命した。その理由は全く分からないが、これも神様のみ旨と思い、おことばどおりになりますように、という気持ちでお受けした。これまでに受けた貴重な経験を活かし、でも過去にとらわれることなく、しっかりと職責を全うしていきたいと思う。

ところで、運営委員長とは何だろうと思い、カトリック成城教会運営規約を開いてみた。その12条に運営委員長の任務が記してある。まず「1 運営委員長は、主任司祭を補佐し、運営委員会の議事進行をはかる。」とある。その通りだ、微力ながら全力で頑張ろう、と思った。

ところがその次に「2 運営委員長は小教区信徒を代表し、その職務を執行する。」とある。これは困った。信徒を代表し、とある。しかし山本神父様から任命されただけで、信徒の皆さんから推薦されたわけでも投票で選ばれたわけでもない。なのに代表として行動しなくてはならないのだ。本当に困った。私は自他ともに認める我がまま、気ままな人間で、教会の中でも好き勝手に行動してきた。信徒の皆さんのご意見やご意向を把握しているわけでは全くない。

悩んだ末に一つの結論に達した。過去はどうあれ、今からでも皆さんの代表になれるよう頑張るしかないのだ。だからこれからは、皆さんの声に、神様のみ旨に満ちた皆様の声に積極的に耳を傾け、貴重なご意見やご要望を神父様や副委員長のお三方、そして運営委員会の方々にお伝えして、教会の運営に反映していけるようにしよう。これが私の運営委員長としての決意表明である。

滅私奉神で頑張る所存である。皆様のご理解とご協力、そして叱咤激励を切にお願いする次第である。

 

着実な実現を目指して

運営副委員長 本田徹久

2年目のお役目を授かりました本田でございます。

昨年は、運営副委員長についての知識が心許ないにもかかわらず、皆様のお支えを頂き ましたこと誠に有難うございます。お陰様で大過なく務められ、今までとは違った大変緊張感のある刺激な1年でした。

そしてまた昨年は、成城教会が、神父様始め信者の皆様のたくさんの熱い思い・力が集結し、成り立っていることを実感した年でもありました。

この熱い思い・力にお応えするためにも、今年の信徒総会で神父様から発表されました 4つの課題、

  • 地区割の再編成
  • 安全対策への取り組み
  • 旧遊具コーナー跡地の再整備
  • 喜多見・成城100年史編纂に向けて

これらの着実な実現を目指していきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

「みなさま、こんにちは」

運営副委員長 二階久仁子

祖師谷に転居し、成城教会に転入して、今年で12年になろうとしています。

結婚以来、1か所に長く留まったことがなかったため、「もう12年」と思っていましたが、何十年と世代をまたいで成城教会と共にすごされた諸先輩がいらっしゃると伺って、「私はまだ新参者」の劣等感をぬぐえません。

そんな私が、教会での色々な方との出会い、導き、ご縁で副委員長をさせていただくことになりました。今までは気楽に教会にかかわってきましたが、副委員長というお役を頂いて、組織の内側に踏み込んでいくような感覚です。それは不安と同時に、より多くの方と、より真剣にお付き合いさせていただけるのではないか、という期待と楽しみでもあります。

年齢も経験も教会に対する考え方もちがう、2000人あまりが集い、何かを決めて運営していくとき、真摯な意見の交換、衝突、理解、そして祈りがなければ、この大所帯は立ち往生してしまうでしょう。そのとき、大きな声、平均値をひろうだけでなく、遠慮がちな意見、小さな声にも気が付けるようでありたい。そういう神父様のうしろをついて行きたいと願っています。

そうは言っても、力不足で、とんでもない方を向いていたり、目を釣り上げて慌ただしくしている私の姿を見かけたら、「こっちだよ、大丈夫だよ」というサインをおくっていただけたら心強いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

微力ながらお役に立てますように

運営副委員長 村山純子

横浜で洗礼を受けて半世紀、いつの間にか長い信者人生になりましたが、その間、教会と離れていた時間は短くありませんでした。いろいろありましたが、再び、子どもを通して呼び戻していただいたのが、成城教会でした。その頃のことを思うと不思議に感じますが、今年、運営副委員長を担当させていただくことになりました。

まだスタートしてほんの少ししか経っておりませんが、今までの委員長・副委員長の方々が多くのことを担われていたことに改めて気付かされ、驚いているところです。全くそのような素振りを見せず、私などが気付かないうちに、たくさんのことをさりげなく、喜びの心をもってされていたのだろうと思いました。

つい目の前のことに囚われてしまいがちな日々にありますが、微力ながら、教会に集う皆さんのお役に立てるよう、諸先輩方のお気持ちを見習って、働いていけますようにと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード