NEWS

ステンドグラスが信仰のかてとなりますように

2023年12月08日

当教会聖堂の正面西側の受付エリアの壁に、イコンを原型にした長方形と丸形の二つのステンドグラスがあります。イコン画家 鞠安(まりあ)日出子(ひでこ)さんが下絵を書きました。10月下旬、長野県在住の鞠安さんが、成城教会に来訪され、ステンドグラス制作時の思いや思い出について話してくださいました。

聖三位一体

イコンの真髄は顔です。アイコンというギリシャ語から来ており、「神の似姿」を意味します。普通の立派な人間の顔ではなく、神であり人間である顔を書きます。イエス様の顔は、普通の人間の男性の顔ではなく、鼻が細くて口も小さい。手や指の形でイエス・キリストを表します。さらにイコンには、聖書のとおりの写実ではない神学的な意味を込めます。例えば、磔刑は天に昇るという意味もあり、人類の救いを表すという神学的な意味を込めて身体が美しく書かれています。

イコンのステンドグラスをという依頼を受けて私は、キリスト教で大切な図柄を選びたいと祈りました。最初に浮かんだのが「三位一体」と「復活」でした。礼拝会のシスターにも相談し、長方形のステンドグラスにアンドレイ・リュブロフ氏の「聖三位一体」のイコンを選びました。全く同じではない、しかし大変似た顔、姿形、服装とその色は、父と子と聖霊が全く異なった役割を持つペルソナでありながら、同一の神として切り離せない愛の関係にあることを示しています。主の食卓を記念し、主の愛を思い起こすミサが行われる聖堂に最もふさわしい図柄をと選びました。

ウラディミールの聖母

丸形のステンドグラスには、聖母のイコンから選ぶことにしました。現在信徒会館ロビーに掲示の「ドンの聖母」を成城教会に差し上げていたので、優しさの聖母を示す「ウラディミールの聖母」に決めました。『母はこれらのことをみな心に留めていた』(ルカ・2-51)。乙女でありながら母になることを承諾し、御子と共に歩まれた御母の顔は、あくまでも慈愛と優しさに満ちていますが、同時に、その道の厳しさをも思わせる憂いと悲しみを漂わせています。乙女でありながら神の母として人類全体の母となられたかたの顔です。

ドンの聖母

イコンをステンドグラスで表現する上では、ガラス選びに一番苦労しました。下絵に色を塗り、それに合うガラスを選ぶのですが、ガラスが日光に当たった時と、そうでない時とでは色味が全然違うのです。ガラスを外に出して雰囲気を何度もチェックし、決めていきました。ガラスの種類は、数多(あまた)ある中からドイツ製のアンティークを選びました。厚み、深み、重厚感に加えて、グラデーションもあり非常に美しかったからです。当時、イコンのステンドグラスを制作できる技術者を日本で見つけられず、韓国の工房まで行きました。ステンドグラスが完成して聖堂に掲示した後、教会委員が「とてもきれいだ。土曜日の夜、大勢の皆さんが来るから、外から見えた方がいい」と言いました。ステンドグラスは通常部屋の内側から見るものですが、「三位一体」は内側、「聖母」は外側から見るようになりました。

本日改めて聖堂の外から見ましたが、 太陽の光を受けて大変綺麗でした。このステンドグラスが少しでも皆さんの信仰のかてとなりますように祈っています。

(注)イコン;〇「書く」×「描く」

 

カトリック成城教会

〒157-0066 東京都世田谷区成城 2-21-16

TEL: 03-3417-5211 
FAX: 03-3417-0790

受付時間
月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~16:00
土曜    9:00~12:00、13:00~19:00
日曜日   7:00~12:00

電車でお越しの方

小田急線「成城学園前」駅南口より徒歩約2分

バスでお越しの方

二子玉川、渋谷・三軒茶屋方面から

小田急バス・東急バス「成城町」または「成城学園前」
バス停より徒歩約2分

調布方面から

小田急バス「成城学園前」バス停より徒歩約3分

お車でお越しの方

駐車スペースについて

当教会内には駐車可能なスペースが数台分ありますが、十分な設備とはいえません。当教会へお越しの際は、原則として公共交通機関をご利用ください。また、日曜日の9時から12時までが駐車禁止のほか、その他の曜日や時間帯も駐車できないことがありますので、お車でお越しになる場合は、駐車が可能かどうか事前の問い合わせをお願いします。

三軒茶屋方面から

世田谷通り「砧小学校」交差点を右折後、「成城二丁目」交差点を右折、2ブロック目左角

町田方面から

世田谷通り「砧小学校」交差点を左折後、「成城二丁目」交差点を右折、2ブロック目左角