NEWS

諸宗教による平和の祈りの集い

2010年10月12日

~ 聖エジディオ共同体 平和の祈り2010年 ~

世界の諸宗教の代表が平和を祈る集いが、今年(2010年)は10月3日から5日までスペインのバルセロナで開かれ、対話を通じた平和構築を呼びかける平和宣言を採択しました。

この平和の祈りは、1986年に前教皇のヨハネ・パウロ2世の呼びかけでイタリアのアッシジで開かれて以来、今年で25回目を数えます。

集いにはキリスト教をはじめ、イスラム教や仏教、ユダヤ教、ヒンズー教など世界の諸宗教の代表500人が参加しました。「危機の時代に共に生きる~人びとの家族、神の家族~」をテーマに3日間、参加者が信仰と平和について多様な角度から意見を交わしました。

「いのちの価値とアジアの宗教」に関する分科会では、日本から出席した世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、臨済宗、天理教、天台宗、立正佼成会の代表が教皇庁の諸宗教対話評議会次長とともに、信仰者と人びとが対話を深めながら、身近なところから平和を創造していくことの大切さを話し合いました。

5日午後、それぞれの宗教が平和の祈りをささげた後、ともにバルセロナ旧市街を静かに平和行進しました。この後、各宗教・宗派の代表者が一人ずつろうそくを手に、平和の祈りの火をともし、平和宣言に署名しました。

平和宣言は、世界に紛争とグローバル化による貧困とがまん延しているとした上で、諸宗教が証ししてきた平和を、祈りと忍耐強い愛に根ざした対話を通じて、実現するよう呼びかけています。

今年の祈りの集いには教皇庁高官が数多く出席したほか、布教の自由が制限されている中国からはじめて遼寧教区の裴軍民(ペイ・チュンミン)司教が参加し、注目を集めました。また、この祈りの集いを主催するカトリック信徒団体である聖エジディオ共同体の会員およそ3000人が、イタリアやスペインをはじめとするヨーロッパ各地から参集し、平和の祈りの集いに加わりました。

抜けるような秋空のバルセロナでは、アントニオ・ガウディの設計したサグラダ・ファミリア教会が着工から130年近くたった今もなお建設途上ですが、その献堂ミサが教皇ベネディクト16世によって11月に行われることもあり、多くの巡礼者や観光客でにぎわっています。(バルセロナ・二階宗人)


聖エジディオ共同体 http://www.santegidio.org/jp/index.html
参考図書 A.リッカルディ著 「対話が世界を変える 聖エジディオ共同体」春風社(2006年)

カトリック成城教会

〒157-0066 東京都世田谷区成城 2-21-16

TEL: 03-3417-5211 
FAX: 03-3417-0790

受付時間
月曜~土曜 9:00~12:00、13:00~16:00

バスでお越しの方

小田急線「成城学園前」駅南口より徒歩約2分

バスでお越しの方

二子玉川、渋谷・三軒茶屋方面から

小田急バス・東急バス「成城町」または「成城学園前」
バス停より徒歩約2分

調布方面から

小田急バス「成城学園前」バス停より徒歩約3分

お車でお越しの方

三軒茶屋方面から

世田谷通り「砧小学校」交差点を右折後、「成城二丁目」交差点を右折、2ブロック目左角

町田方面から

世田谷通り「砧小学校」交差点を左折後、「成城二丁目」交差点を右折、2ブロック目左角

駐車場について

教会内には数台の駐車場をご用意しています。
日曜日や成城教会Welcome Dayなどのイベント時は混雑が予想されますので、お車でのお越しはご遠慮ください。