ホーム > これまでの行事 > 春の祭り
― 復活祭 ―

春の祭り
― 復活祭 ―

2017年04月16日
8:30 司式:山本神父
10:00 司式:ルカ神父(山本神父共同司式)
14:00 司式:山本神父

4月16日(日)、汗ばむような春の陽気の中、前日の復活徹夜祭に続き、復活の主日のミサが捧げられました。今年は8時半・10時・14時の3回のミサが行われ、満席で聖堂に入りきれない人も出るほどの多くの参列者が集いました。

10時のミサの福音朗読に続く説教でルカ神父は、失望は希望に、悲しみは喜びに、死が死ではない復活の信仰は希望の源。復活は死という現実で終わらない希望へ繋がる道であると話し、この揺るぎない信仰をまだ味わう事の無い人の為に、ミサの中で祈り求めたいと結びました。

続く洗礼式では、8時半のミサで中学生1名・10時のミサで乳児1名・14時のミサで成人3名が受洗され、キリストの死と復活の神秘にあずかり、新しい共同体の一員となりました。ちなみにローマの教会では現在も赤ちゃんの洗礼は水の入った水盤にバシャバシャと3回(父・子・聖霊)浸けられ、当然赤ちゃんは大泣きするそうですが、この日の赤ちゃんは額に水をかけられても泣き声ひとつあげず、終始ご機嫌の様子でした。

ミサの後には、この日で成城教会が最後となるルカ神父に運営委員長よりお礼の言葉と花籠が手渡され、神父からは感謝の言葉があり、「明日からは真の栃木県民になる」の一言は皆の笑いを誘いました。


Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード