ホーム > これまでの行事 > 七五三の祝福
年間第32主日

七五三の祝福
年間第32主日

2012年11月11日
10:00 福島 一基神父

11月11日、七五三のお祝いがあり、3歳4名、5歳1名、7歳2名の計7名の子どもたちが主任司祭からの祝福を受けました。


ミサは初めに「神に向かって」の聖歌で始まり、列王記・ヘブライ人への手紙、そして、マルコによる福音が読まれ、主任司祭の説教がありました。説教では、七五三の祝福を受ける子どもたちに「ここまで大きくなったのは誰のおかげ? 神様のおかげでしょう?神様に感謝をささげましょう」。「人は見た目で判断しがちだが、気持ちを大切にすることが重要。お祈りも毎日の生活も心を込めることが大切です。今日は子どもたちの成長を祈り願う日であるが、親や大人にも責任があり、心を込めて祈り・献金等行って欲しい」との話がありました。


聖体拝領後に記念のおメダイと千歳あめが祝福され、司祭が一人ひとりに渡されました。最後に晴着を着た子どもたち自身にも聖水が3 度ずつ振り掛けられ、祝福が終了しました。


Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

9月のメッセージ

月報ダウンロード