ホーム > トピック > 震災被災者へ祈りと献金を

震災被災者へ祈りと献金を

3月11日に東北地方を襲った東北関東大震災への配慮のため、3月19・20日の主日ミサでは、聖堂の照明が落とされ、暖房も控えられました。共同祈願では、「東北関東大震災被災者のための祈り」を全員で唱えました。被害にあった方々の緊急支援、生活回復支援のためにカリタスジャパンへの献金、また多大な被害を受けた仙台教区への献金が始まりました。

東北関東大震災被災者のための祈り

あわれみ深い神さま、あなたはどんな時にも私たちから離れることなく、喜びや悲しみを共にして下さいます。今回の大震災によって苦しむ人々のためにあなたの助けと励ましを与えて下さい。私たちもその人たちのために犠牲をささげ、祈り続けます。そして、一日も早く、安心して暮らせる日が来ますように。また、この震災で亡くなられたすべての人々があなたのもとで安らかに憩うことができますように。母であるマリアさま、どうか私たちのためにお祈りください。主キリストによって。アーメン。


(カトリック中央協議会ホームページより)

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

9月のメッセージ

月報ダウンロード