ホーム > トピック > 主日ミサの時間を3月末まで変更します

主日ミサの時間を3月末まで変更します

2021年1月10日 

成城教会信徒の皆さま、 

カトリック成城教会 
司祭 山本量太郎 
  

政府の緊急事態宣言発出を受けて、菊地大司教さまからは、各教会でのこれまでの感染対策を見直し、徹底するよう求められています。成城教会ではこれまで、コロナ禍への対応の一環として、分散してミサに参加できるよう、主日ミサを5回に増やしてきましたが、今回、この方針を改めて主日ミサを3回に戻し、ご自宅でお祈りされることをいっそうお勧めすることにいたしました。 

主日ミサ時間は 1月16日(土)から3月28日(日)まで、下記のように変更いたします。くれぐれもお間違いのないようにお願いいたします。 


土曜日16時・日曜日9時30分・日曜日14時 

人数制限が続行されますので、これまでミサにいらしていた方々は、少なくともその回数を半分に減らしてくださいますように、ご協力をせつにお願いいたします。 

今回のミサ時間変更に際しては、外出時の感染機会を少しでも減らせるよう、ご自宅での食事の時間を配慮してあります。また、今回のミサ時間変更は、期間を区切ってのコロナ禍拡大への対応でありますので、その点のご理解を重ねてお願いいたします。 

なお、特にご高齢の方々のために毎週金曜日10時に行なってきた「言葉の祭儀と聖体拝領」は、今後も続行いたします。 

コロナ禍が早く終息に向かいますように、何より皆さまがご無事でありますように祈っております。 

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

9月のメッセージ

教会報ダウンロード