ホーム > トピック > 受洗者の皆様にアンケートで感想を伺いました

受洗者の皆様にアンケートで感想を伺いました

 〈質問事項〉 

  1. 洗礼名、氏名(イニシャル) 
  2. 受洗のきっかけ 
  3. 洗礼を受けての感想、今後の抱負 

 

1.ベロニカ・フランシス T・S 

2.配偶者の家族の数人がカトリック信者である関係で、二十年以上前に上智大学内にあるクルトルハイム教会で結婚式を挙げました。わたくし自身はカトリックとは無縁の家庭で育ちましたので、式の前に約半年の結婚講座を受講し、今は亡きネブレダ神父様のお話を聞き、カトリック信仰にほんの少しだけ触れたのが始まりです。とはいえ、新しい生活や仕事に忙殺され,その時はそれ以上信仰について踏み込むことはありませんでした。光陰矢の如し。それから約二十年、その間に経験した大切な人の死や年齢が影響したのかもしれません。または、家族のキリスト者としての生き方を身近に感じながら過ごすことができたからでしょうか。正直、明確なきっかけはわかりません。ただ、二年程前から「遅くなったけれど、今なのかもしれない」と感じるようになっていました。このように書いてしまうと唐突な思い込みのようですが、その感覚はとても自然なものでした。その後、山本量太郎神父様の入門講座を受講する機会に恵まれ、受洗のことを真剣に考えるようになりました。 

3.洗礼前はコロナ禍によるミサや入門講座の中止、それにともなう復活祭での洗礼式も延期となり、どうやら神様から拒否されているのかしらというような気持ちになることもありました。結果として、これは神様が与えてくださった大切な時間、沈思して心を整理するための貴重な時間なのだと気づかされました。当日は、個別洗礼式でしたので、家族のみが出席となりました。山本神父様もわたくしたちも全員マスクをしっかり着用。換気のために開けられた窓から静かに聞こえてくる雨音に包まれていくような、忘れ得ぬお式となりました。今後は通常ミサや入門・養成講座が再開されることを願いつつ、教会の皆様と共に少しずつ信仰を深めてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。 
 

1.リジュ―のテレジア Y・K 

2.予て、目には見えない「大いなるもの」に見守られているように感じることがありました。主人といっしょに御ミサに与るようになり、 
ときが満ちたという思いで受洗させていただきました。 

3.お式では神父さまがマルコによる福音書の「すでにあらゆるところに蒔かれた種」のお話をしてくださいました。信仰宣言、聖霊の注ぎ、ろうそくの授与と、なにもかも厳かで神聖で、感謝と喜びで胸がいっぱいになりました。入り口に立ったばかりですが、これから神さまに心を向けて、いただいた種を大切に育てていきたいと思います。  


1.フランチェスコ S・Y 

2.妻・洋子、娘・貴子が信者であったため。 

3.全く初心者なので、これから参加して行こうと思います。 
 

1.インマヌエル K・A 

2.日々の生活の中で、妻をはじめ、多くのカトリック信者の方と関わる環境にあったのですが、 
常に優しくあたたかく接してくださる皆様の仲間になりたいという思いが強まってきていました。 
そんな中、以前妻が体調を崩したときに、自分のできることとして真っ先に〝お祈り〟が浮かんだことと、溝部脩司教様の『青年と読む マルコによる福音』に触発されたこととが決定的なきっかけです。 

3.洗礼式を終え、改めてこれまでの人生を振り返ったときに、自分は常に神様のお恵みに包まれて歩んできたのだと実感しました。 
妻をはじめ、信者の皆様と出会えたことによって、この真理に気づけたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。 
洗礼名「インマヌエル」に恥じぬよう、神様、イエス様と同じ方を向き、信者の皆様と一緒に、新しいいのちの道を歩んでいきたいと思っています。 
  

1.マリア・ミカエラ H・K 

2.人生で一番辛いと思った時期にシスター、信徒の方々が励ましてくださった事がきっかけです。 

3.教会でお祈りする事、ミサに参加する事は自分の心の平穏のためにとても大事な行事でしたが、今年はコロナウィルスの問題で難しくなってしまいました。それでも自分の中で神様と皆様と世の中の平和を願う事でいろいろな方々とのつながりを意識できるような気がしています。 
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 
 

1.ルカ T・M 

2.幸運なことに小さな頃よりキリスト教の文化に触れる機会があり、ヴァチカンを訪れたり教会に行くことも多くあり、いつの日かキリスト教徒になるものだと幼心ながら自分の中で勝手に思っていました。そして、昨年の11月頃からシスター森様の入門講座を受講しミサの中で皆様と一緒に祈って行く中でそれ(洗礼を受ける気持ち)が確固たるものとして自分の中に芽生えたため今回洗礼を受けることにしました。 

3.シスター森様、山本神父様からも仰って頂きましたが、今やっとスタート地点に立てたのだと考えています。 
神様の愛をかみしめ、皆様と共に分かち合える素晴らしい日々を過ごしていけるよう努力を惜しまずに生きて行きたいと思います。 
自分の知識や経験はまだまだ足りず、皆様にご迷惑をおかけすることも多くあるかと思いますがご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 

Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード