ホーム > トピック > 教会正門前の古桜折れる

教会正門前の古桜折れる

2008年7月8日

成城の地に教会が建てられて以来、信徒や近隣の住民が愛してきました正門前の古い桜の大木が折れました。毎年春には、多数の枝に淡いピンク色の素晴らしい花を咲かせ、教会に来る人たち、側を通る人たちの目を楽しませていました。
この桜は教会の所有ではありませんが、成城教会にとっては、人々を招き入れるシンボル的な存在でもありました。この意味で福音宣教に一役買っていました。

半世紀を超える間、教会の前に立ち続けていましたが、2008年7月8日午前11時頃、激しい雨が短時間降った際に、高齢のためについに折れてしまいました。枝には新緑の葉が一杯でした。真に残念です。

教会脇の道路は一時封鎖され、人だかりができて騒然となりました。幸いにも、通行人は無く、また車の多い大通り側ではなかったため、被害は電話線やケーブルテレビのケーブルが木の重みでたるんだくらいの最小限に留まりました。
その時の模様を福島神父様が撮影してくださいましたので、ご覧ください。
Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード