ホーム > これまでの行事 > 今年の聖劇は 2本立て!
― 教会学校聖劇開催 ―

今年の聖劇は 2本立て!
― 教会学校聖劇開催 ―

12月20日 8:30 教会学校の子どもたちの聖劇
12月23日16:00 教会学校リーダーたちの聖劇

毎年行われるクリスマスの聖劇。今年は少し趣向を変え、教会学校の子どもたちによる受胎告知と、例年は行われない教会学校リーダーたちによる救い主降誕劇の 2本立てで行われました。

まずは 12月20日、聖夜の訪れを予告する待降節第4主日8:30のミサの時間内に、教会学校の子どもたちが聖劇を演じてくれました。静まった聖堂の中、奏でられるオルガンの調べに合わせて、天使役の子どもたちが美しい歌声を響かせ、劇の場面では、受胎告知のシーンを堂々と演じ、ソロパートも元気に歌い上げました。大人たちは子どもたちの劇を温かくも真剣な眼差しで鑑賞し、大きな拍手の中、幕を閉じました。

続いて 12月23日16時から、教会学校のリーダーたちによる聖劇も行われました。場面はおなじみ馬屋でのイエス誕生のシーン。楽しい演出も入り、福島・古郡両神父も加わって、本格的な聖劇で観客を楽しませました。聖劇のあとはミサが行われ、いよいよ到来する誕生の時を静かに待ち望みました。


Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

9月のメッセージ

月報ダウンロード