ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

病人と高齢者への理解

2007年5月27日 安次嶺 晴実神父(カトリック喜多見教会)

いよいよ3回目、最終回の「ご聖体について」の勉強会が開催されました。
今回は「病人と高齢者への理解」というテーマで、会場である喜多見教会の安次嶺神父様がお話くださいました。
3教会の大勢の信徒の皆さまが、とても熱心に聴いていらっしゃいました。

安次嶺神父様は、病気の方、ご高齢の方にご聖体を運ぶこと、病床訪問は、その方と共に祈り、慰め、励まし、助けることであり、「愛の行為」(イエスさまの心)として大切なことで、私たち一人ひとりに託された努めであると教えてくださいました。
また、病気の方にとって、励ましにならない言葉、嬉しい言葉、病気の方やご高齢の方の特徴など、非常に具体的なお話から、訪問のあり方をわかりやすくお話くださいました。相手の立場、都合で考えるべき、というその心得を伺っていると、それは病気の方やご高齢者の方々だけへの接し方にとどまらず、私たちの日々、出会うすべての方々との関わり方、信仰ある生き方そのものだと思いました。

今回、神父様のお話の後の質疑応答の時間は、参加された皆さまの意見交換の場ともなりました。これから、多摩南宣教協力体の3教会で、より一層の信徒の方々の交流が図られるであろう、期待の第一歩と思えるものでした。


最後になりましたが、3回の勉強会の会場を提供してくださり、温かく私たちを迎えてくださった、喜多見教会の皆さまに感謝申し上げます。

11月のメッセージ

月報ダウンロード