ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

阪井由美子さん初誓願



 成城教会の信者であったシスター・カリーサ 阪井由美子さんは、2006年12月にマザー・テレサの神の愛の宣教者会に入会されました。 この度2010年12月6日、ローマにて初誓願式が行われました。
 成城教会の皆さまから寄せられた多くの霊的花束は、福島神父からご家族を通してご本人に届けられました。



シスター・カリーサ MC 


福島神父様はじめ成城教会の皆様、この度は私の初誓願のためお祈り下さいましてありがとうございました。皆様のお祈りに支えられ、12月6日、大きな喜びのうちに初誓願を立てることができました。


修練期間中、母の癌の転移、帰天、また父の癌の発見と次々に試練を与えられ、決して平穏な日々ではありませんでした。これらの試練を通じて神様は私に何を言っていらっしゃるのか、1日1日をどのように過ごしたらよいのか、等々の疑問に自分の頭だけで考え、答えを出そうとし、堂々巡りになるかネガティブな感情に流され、みじめな状態に陥るという苦い経験も致しました。


しかし、その経験を経たことで、何があろうともイエズス様を信頼し、気分や感情に流されることなく、その気がなくとも、とにかく祈り続けることがいかに大切なことか(神様から目を背けないため)、またすべては神様の御手の中にあるのだから、私は“神様の時間とき”を忍耐を持って待つ必要があり、自分でコントロールしようとしてはならないということを実感を持って学ぶことができました。


また、この学びから不必要な力が自分から抜け、神様にすべてを委ねることの喜びと心の平安を味わい、また日々の中での神様の愛に以前よりも敏感に気付くことができるようになりました。


私たちの神様は“愛の神”であり、その愛はイエズス様の受難によって示されました。私も日々の自分の十字架を通して、よりイエズス様の愛を知り、また関わる人たちに神様の愛を伝えることができればと思っております。


初誓願を立て、これから本格的に宣教活動開始です。常に神様のご意志に添った働きができるよう、どうか引き続き、お祈り下さいますようお願い申し上げます。私も皆様の信仰が日々深められ、世に輝く光が増すようお祈りしております。

11月のメッセージ

月報ダウンロード