ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

聖堂内部補修工事

建物保存委員会 


はじめに

成城教会の聖堂は1955年3月に献堂され、数回の小補修を経て57年たち、昨夏には鐘楼頂部の十字架取替と外壁塗装工事を行いました。2012年度は必要性や緊急度を考慮し、聖堂内部の整備を主要事項として、内壁や窓枠の損傷や老朽化を調査したうえ、次の項目について補修工事を進めることになりました。なお、これらは今年度の実施項目として予算計上され、信徒総会で承認されております。


補修工事の内容

(1)正面両開扉の修理・塗装
(2)聖堂・祭壇・香部屋の内壁塗装、床補修、及び梁部・階段・手摺の塗装
(3)聖堂縦窓・祭壇横窓開閉調節(取手等の交換)、塗装
(4)祈祷台・椅子の塗装、補修
(5)鐘楼小鐘モーター交換、梯子補修
(6)その他関連の補修、塗装、取替え


補修工事の時期と工期

上記工事は聖堂内部のみの工事ですが、高窓部や天井梁部の塗装などは、移動式の高所用足場を使用しながら安全に進める必要がありますので、工事の時期は教会行事の少ない7月中旬~ 9月上旬の約2ヶ月間を予定しています。


工事期間中のミサ

工事を実施するためには、工事期間中の土日のミサや葬儀を、信徒会館多目的ホールを仮聖堂としてどのようにして行うかについての詳細検討が必要です。これらにつきましてはまとまり次第、掲示や説明を行う予定ですが、仮聖堂の設営や聖堂工事の実施に際しましては、信徒皆様のご理解ご協力をどうぞよろしくお願い致します。


聖堂内部補修工事のお知らせ

  • 工事期間 : 7月23日(月)~ 9月7日(金)
    この間のミサは、信徒会館 1 階多目的ホールの仮聖堂で執り行われます。

11月のメッセージ

月報ダウンロード