ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

山本神父誌上インタビュー



●成城教会の第一印象は?

第一印象というより自分の気持ちのことでごめんなさい。構内に聖堂と信徒会館と司祭館だけのある普通の教会に着任しましたので本当にホッとしています。これまではずっと構内に種々の建物や組織が同居している複合体のような教会ばかりを巡ってきましたから…。
ここに来て1か月、信徒の皆さんが教会の多くのことを分担なさり、運営がなされている様子を拝見して感心しております。前任の神父様方の素晴らしいお働きも随所に感じております。そして何より温かく迎え入れてくださったことを感謝しております。

●成城教会でどのような司牧をしたいとお考えですか

叱られるかもしれませんが、具体的にはまだ何も考えていないことを告白します。日々の出会いと出来事の中でおのずと一つの方向が見えてくるのであれば、それが何よりとも思っています。実は、私はこれまで長く続いた兼任生活から解放された安堵感に浸っているところなのです。だいぶその疲れはとれてきましたが、70代に入りましたし、かつてのように精力的な動きはできないかもしれません。でも、大司教さまから今回いただいた任命は成城教会だけですので、任期のある限り精いっぱい成城教会の司祭として尽くす所存でございます。よろしくお願いいたします。

●聖書の中で、神父様がお好きな箇所はどこですか?(ぜひ理由もお願いします)

そう聞かれて真っ先に思い浮かんだのは、「どうして私は不幸なのかとつぶやく時も、私は神に信頼している」(詩編116・10)。これは毎日唱える「教会の祈り」にある、かなりの意訳です。今も私の心の中には様々な思いが日々去来し、祈りの時であっても、祈りとはほど遠いようなものが浮かんでくることも少なくないのですが、そのような思いがわいてきたとき、私は必ず「…とつぶやく時も私は神に信頼している」と付け加えるようにしています。かつてそうでもしなければ祈れない時期があったのです。司祭職を続けられなかったかもしれない時期もありました。私にとって命の恩人のような聖句です。

●神父様が好きな聖人を教えて下さい(ぜひ理由もお願いします)

答えにくいですね。なぜなら、正直なところ、この質問に対して自分の霊名の聖人を挙げることができないからです。学者だった父は私の霊名に当然のように学者の聖人を選びました(トマス・アクィナス)。子どもの私にはその聖人の素晴らしさが全く理解できませんでした。お恥ずかしい話ですが、神学生として哲学を数年間学んだ時も、劣等生だった私にはその高邁(こうまい) な哲学、神学は理解の範囲外にありました。残るはトラウマばかりです。二年ほど前から聖ヨセフを急に好きになりました。ミサの中で必ず聖母マリアに続いてお名前を唱えるようになったのがきっかけです。ミサのたびごとに聖ヨセフのことに思いが行くようになりました。聖書には彼の言葉が一つも残されていないことに改めて気がつきました.寡黙(かもく) の鑑(かがみ) 聖ヨセフ。彼は深く思い巡らしますが、最後は神の啓示に従います.従順の模範聖ヨセフ。そうして決断したことを生涯かけて黙々と実行していきます.決断と実行の人聖ヨセフ。我等(われら) のために祈りたまえ。

10月のメッセージ

月報ダウンロード