ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

聖体奉仕よろしくお願いします



主日ミサにおける聖体奉仕者のシスター方に、自己紹介またはインタビューをお願いしました。

シスター頭島(かしらじま) 美恵子(サレジアン・シスターズ)


シスター頭島美恵子

この度、ご縁がありまして成城教会で聖体奉仕をすることになりました。サレジアン・シスターズのシスター頭島と申します。今まで、日曜日は教会にと思いつつ、なかなか実行することができませんでした。今回、神父様にお声をかけていただき、背中を押される形になりましたが、教会へ通い、少しでも皆様のお役にたてることをうれしく思っています。また、徒歩での通いも運動不足の私にとってはうれしいことの一つです。どうぞ、皆様、よろしくお願いいたします。

シスター佐々木 千代子(ドミニコ会)


シスター佐々木千代子

出身地は仙台です。シスターになったきっかけは、中学高校の時ミッションスクールに通っていたことです。今までは学校教育(小学校の教師)をずっとやってきました。

好きなことは、人との出会いです。それから子どもと接することが好きです。好きな聖書の一節は「神の霊によって導かれる者は神の子なのです」。(ロマ8・14)

シスター澤 信子(礼拝会)

修道会の正式の名前は「聖体と愛徳のはしため礼拝修道女会」です。3年まえに大阪修道院から転勤で喜多見のカサ・アレグリアヘ参りました。


シスター澤信子

受洗のきっかけは、礼拝会の女子寮に入り、シスター方と出会い、公教要理を学び、22歳の時、豊中カトリック教会で今は亡き前田朴すなお神父様より受洗、洗礼名は音楽ひとすじに生きてきたので、迷わずにマリア・セシリアの名前をいただきました。

受洗後、教会のレジオマリエ会員となり、青年会においても奉仕活動していました。その中でシスター達の献身的な生きざまを見て、自分も神と苦しむ人々のためにすべてを捧げたいと思い、24歳の時迷わずに礼拝修道女会へ入会しました。今日まで続けられたのは、神のはかり知れない恵みとあわれみと、沢山の方々のお祈りと、姉妹の支えのおかげであると日々感謝の心で過ごしています。

わたしが神からいただいた無償のお恵みを独り占めにしたくなくて、誰とでもいい、キリストをまだ知らない人々とも関わりを持ちたいと、いつも願っていました。もちろん受洗者の方々とも信仰体験や聖書の分かち合いをしたいと望んでおりました。約1年前から成城教会でキリスト教入門講座を担当させていただいております。わたしは、講座に参加されているみなさんから、いろいろ学ばせていただいております。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

シスター鈴木 美江(礼拝会)


シスター鈴木美江

 礼拝会会員。大学1年時上野毛カルメル会で受洗。礼拝会入会は1967年。

東京・広島・大阪・横浜・ベトナム等で女子寮・教会・高校生会・矯正関係に関わり、現在は1週間のうち、月曜日から金曜日まで横浜に、金曜日午後から月曜日までは喜多見におり、日曜日は成城教会で教会学校の初聖体準備クラスと8時30分のミサの聖体奉仕をさせて頂いております。

シスター野村 興子(礼拝会)


シスター野村興子

私は礼拝修道女会の会員で、4月から毎週土曜日、18時のミサで聖体奉仕。出身は初台教会。一昨年修道生活の金祝。2012年、30年余り勤務していた当修道会経営のインターナショナル系の学校が閉鎖。福岡支部に転勤。修道院経営のシェルター、大名町教会のブライダル係と受付の手伝いに関わり、1年半後に大阪支部に異動。西成区の子供の里でボランティア、茨木教会でフィリピンの信徒に英語ミサ、初聖体、侍者指導等で関わりました。

11月のメッセージ

月報ダウンロード