ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

司祭叙階を待ち望みながら

助祭 ヨハネ 崔在景 



che

主の平和


 明けましておめでとうございます。いつも神様の愛と平和が成城教会の家族の皆様の上に豊かにありますように。


 だんだん寒くなってきましたが、皆様、お元気でしょうか?おかげさまで、わたしは元気にしております。


 昨年4月から東京に来て、助祭として成城教会に司牧実習をさせていただき、毎週毎週、皆様と出会うことが私にとって本当に嬉しいことです。また皆様と共にミサを捧げることやお祈りを捧げることができたことは神様からいただいた大きな恵みであると感謝しております。


 大分で助祭として叙階されるという大きな恵みを受けたとき、自分が本当に神様のためにこの道を最後まで果たして歩むことができるかどうかが大きな心配でした。助祭としていろいろなことがあり、その中にはうまくできたこともありましたが、失敗したこともいっぱいありました。しかし皆様のお祈りと愛に支えられることで、今までこの道を歩み続けることができたと思います。


 昨年10月、黙想しながら司祭になる決心をもう一度固め、司祭叙階申請書を書いて出しました。申請書を書きながら、いろいろ昔のことが思い出されました。韓国のカトリック大学校と日本カトリック神学院で生活しながら出会った仲間たちと過ごした楽しくて嬉しかったこと、あるいはいろいろ辛かったこと、そして教会や神学校、自分が歩んできた道で出会った方々から学んだことなど、すべてのことが自分にとって神様が与えてくださった大きい恵みであり、感謝すべきことではないかと思いました。


 自分はまだ学ばなければならないことがいっぱいあるし、司祭としてどこまで出来るか分かりません。しかしこの道は自分ひとりの力だけではなく、神様の愛の導きがなければ最後まで司祭としての使命を果たすことができないので、いつも神様に頼りながら、自分のすべてをゆだねることができるよう、司祭叙階を前にして、神様に祈っています。そして日本で、またどこに派遣されても、私は毎日毎日、今を生きる司祭として、後悔を残さない一日一日を過ごしたいと思います。


 では、新しい1年の始まり、神様の愛と恵みとが、成城教会の皆様と皆様の家族の上に豊かにありますように祈っています。

11月のメッセージ

月報ダウンロード