ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

信徒入門講座の開講

森 裕子

森裕子成城教会で、6月 から月二回、日曜 ミサ後の信仰入門 講座を担当することになりました、 森裕子と申します。


あるとき、山本量太郎神父様に声をかけていただいたことがきっかけでこちらに伺うことになり、この機会を感謝しております。


私は、援助修道会、正式名称では、煉獄援助修道会と言う修道会のシスターです。「煉獄」ということばが付いていますが、伝統的には死後の清めを意味するこのことばを、私たちは今では少し広くとらえようとしています。神さまはこの地上でも、悩み苦しむ人々にこそ厚い思いをかけ、ご自分との関わりに導き入れようとしていると希望しているのです。こうして私たちは、さまざまな人々の傍らを歩みつつ、この世と後の世の境界を越えて、苦悩する人間の現実のただ中に愛の神を見出したいとの思いで奉献生活を送っています。


パリにある修道会の総本部で6年間働いた後、私は2014年から上智大学の神学部に派遣されています。大学では授業や研究を通して、若者たちと一緒に、とりわけ音楽を使ってキリスト教の教えや思想について考えます。若い人々の理解力、人間関係での葛藤、将来の夢を語る姿に触れて、私もエネルギーをもらいます。


成城教会の信仰入門講座では、イエスの弟子たちが、徐々にイエス理解を深め、イエスの神を見出し、教会共同体を形成していった歩みをたどりたいと考えています。カトリック教会は確かに、キリスト教について、普遍的で公的な教えを、ある意味、知的に理解することを求めますが、イエスの弟子たちの歩みをたどることで、神との、またイエスとの人格的な関わりが、それぞれの内面と情的な領域において育まれることも大切ではないかと私は考えます。目下私の講座に参加していらっしゃる方々は、私にとって人生の先輩です。貴重な経験を積み上げていらした方々に、存在の深みで神さまと出会っていただくために、私は自分に何かできるとは思えません。ただ、神さまご自身が、この方々に触れて、そのこころに語りかけてくださることを信じて、そのための道具になることを心がけています。


信徒の皆さまとも、少しずつお近づきになりたいと思います。こちらの教会で、主日の福音がくっきりとこころに響くようなミサにあずかれることを私は嬉しく思います。ミサ後のこの喜びの中で、簡単な立ち話しでも、皆さまと少しずつ出会っていければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

8・9月のメッセージ

月報ダウンロード