ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

Welcome Day への取り組み


取り組み Welcome Day 2013 報告


主任司祭 福島 一基 

成城教会では保護の聖人である聖タデオの祝日に近い日曜日に、近隣地域への福音宣教を目的としたWelcome Day を行ってきました。今年は10月27日です。2007年からですので今年で7 回目となります。何度も伝えていますが、Welcome Day は福音宣教が目的です。また福音宣教はわたしたち教会の使命でもあります。この使命を信者の一人ひとりが自覚し深めるため、さらに福音宣教の使命を遂行していくためにWelcome Day があります。もちろんWelcome Day だけでなく、教会のすべての活動が福音宣教に結びついていかなければならないのです。


今一度、福音宣教について思い起こしたいと思います。何よりも福音宣教はキリストの教会が誕生した聖霊降臨の日にその原点があります。聖霊の息吹を受けた使徒たちが、全世界に向かって福音を宣言し、いのちをささげていきました。教会は生きた人の集まりであり、キリストによって生かされた人が集まる場です。福音宣教を行うことは人間が呼吸をするのと同じく、教会が生きているあかしでもあります。呼吸をやめると息苦しくなるように、教会もまた福音宣教をおろそかにしますと息苦しいものとなってしまいます。


現代の教会は、特にヨーロッパを中心とする先進国において、さまざまな問題を抱え息苦しさを感じています。聖職者や修道者だけでなく、教会に集まる信者の高齢化、そして若者の教会離れ、召命の減少はわたしたちの将来を不安にさせます。なぜか福音宣教の行きわたらない日本においても、同じような状況が見られます。確かにわたしたちは福音宣教が困難だと感じています。


息苦しい時は、深呼吸でもしてみてはいかがでしょうか。Welcome Day という行事はそこに意義があります。いつもより大きく息を吸って大きな声で信仰を告白し、祈り、歌いましょう。きっと新しい力と希望が与えられるはずです。今年のWelcomeDay も、初めての方だけでなく、わたしたち成城教会も力づけられるような一日となるように企画していきたいと思います。皆様の積極的な参加をお願いいたします。


Welcomeバッジはじめての方でも
“お気軽に声をかけてください”

成城教会では “Welcomeバッジ” をつけた係りの者が皆様をご案内しています。
はじめて教会にお越しの方も、どうぞお気軽に声をおかけください。
皆様をお迎えする “Welcomeバッジ”

11月のメッセージ

月報ダウンロード