ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

教会学校の夏 2010

7月30日~8月1日 教会学校練成会

菊地和夫 



With Fr.Fukushima
拡大表示神父様と一緒に...

教会学校(小学生と中高生会)は、7月30日から8月1日まで2泊3日の練成会を聖心丹沢学舎において、福島神父様、チェ助祭、大西神学生、教会学校リーダー4名、支援グループのお母さん4名と中高生3名、小学生15名の総勢29人で行いました。


今年のテーマは「イエスさまに出会い、生き方を倣い、伝えていこう」で、イエスさまの弟子として福音宣教をするために必要な「祈り」を体得しようというプログラムを組みました。


先ず、3班に分かれて、班の名前とスローガンを決め、班旗を作りました。


プログラムの中心は、2日目の「山(自然)での祈り」です。「イエスは、ペトロ、ヨハネ、およびヤコブを連れて、祈るために山に登られた」(ルカ9・28)に倣い、近くの宮地山(標高512㍍)に登り、山頂の緑地で色々な「祈り」を体験しました。五感で、何が見えたか、聞こえたか、いろいろ感じたことを思い、それらを通して神さまは何を伝えよう、おっしゃろうとしているのか。それに対して私たちはどう応えていくのかを黙想しました。その応え方が「祈り」であり、私たちを愛して下さる神さまとの会話が「祈り」であることを少しだけ体験できたと思います。最後にルカ11・1~4を読んで、みんなで「主の祈り」を唱えてから下山しました。


集合写真
拡大表示集合写真

中高生は、ゲーム大会での司会進行を担当して小学生たちを楽しませてくれたり、キャンプ・ファイアーでこの練成会中に作詞作曲した歌をしみじみと聴かせてくれました。


最終日には、丹沢学舎の和風の聖堂で「み言葉の祭儀」をしました。共同祈願を小学生が一人ひとり自分で考えて祈りました。


このように、教会学校の練成会は楽しく充実して終了しました。これをよいステップにして、イエスさまのことをもっともっと知って、福音を伝えて行く色々な活動をしていきたいと思います。



やま

小学1年 長谷川 雅美 


やまのぼりがたのしかった。とちゅうで鳥のこえがきこえた。ちょうじょうでおやつを食べた。おいしかったです。

あつかったです。かえりみちですべりました。チューペットを食べました。つめたくておいしかったです。



たのしかったキャンプファイヤー

小学2年   古屋 光菜 


ことしの練成会はとても楽しかったです。ぜんぶ楽しかったです。

キャンプファイヤーでは出し物をしました。わたしのいた2班は人文字をしました。5人で「イエス」と作りました。わたしは、「イ」の一部分をやりました。とても楽しかったです。



キャンプ(練成会)でたのしかったこと

小学2年  山口 皐 


練成会で一番楽しかったことは、お友達が、2人できたことです。名前は、桃ちゃんとありさちゃんです。そのお友達ができてから、毎日いっしょにあそびました。できるまでは、不安だったけど、その2人ができてから、すごくたのしかったです。でも、かってに梅の部屋へ行ったのでおこられてしまいました。



山登り

小学5年 佐々木 桃子 


この3日間で印象に残った事は、山登りです。山に登る前の日は、たぶん簡単だろうなぁと思っていたら、まったく反対だったので、少し疲れた。

頂上に着いた時は、木がいっぱい生えていたこと、草がたくさん生えていたこと、鳥の鳴き声が聞こえたので、山は自然でいっぱいだなぁと思いました。



思い出の宝石

中学1年    中村 綾香 


私は、初めての練成会に行きました。集合したときは知らない子ばかりで、「やっていけるかなぁ・・・」と思いました。中高生会も、知ってるお兄さんは2人いたけれど、話したことはなかったので、とても不安でした。でも、部屋割のとき、みぃちゃんとふざけたり、みんなを笑わせたりしていたら、いつの間にか名前も覚えてくれて、とても仲良くなれました。みんながくすぐったりしてきたのは、痛いし疲れたけれど、仲良くなれてとても嬉しかったです。

みんなに会えたのは神さまの力だと思います。この3日間は本当に楽しくて、一つひとつの思い出は宝石のように輝いています。この宝石を箱にしまって、また来年もみんなに会えるといいな。そうしたら、また宝石は増えていくだろうから。

みんな、リーダー、神さま、ありがとう。


11月のメッセージ

月報ダウンロード