ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

転入信徒の会 開催

「教会で奉仕しましょう」



 5月16日の「主の昇天」のミサ後、信徒会館で「転入信徒の会」が開かれました。これはことし新たに受洗した方々と成城教会に転入した信徒のみなさんを対象とした懇親会で約50名が参加しました。毎年開かれる会ですが、ことしはとくに教会生活や成城教会についてよく知ってもらうことを目的にプログラムが組まれました。


 冒頭あいさつに立った福島神父は「教会の5つの掟」にふれ、カトリック信者として生活していくにあたっての信仰の指針を説明しました。また教会活動について「信仰を深めるためにも積極的に参加してほしい」と述べ、その重要性を喚起しました。


 新たに受洗した12名と転入者15名がひとりずつ自己紹介したあと、典礼部会と財務部会、そして施設部会の責任者からそれぞれ聖書朗読や献金の仕方、掃除への参加について説明や依頼がありました。


 参加者のひとりで、こんかい成城教会に転入してきたペトラスさんは半導体の勉強をするため16年前にリトアニアから来日しました。現在はご家族で町田市に住み、コンピューターの仕事をしています。教会活動への参加を促されたペトラスさんは「すでに娘の学校でボランティアをしていますが、教会でも何かできる奉仕をしてみたい」と流暢な日本語で話していました。


 懇親会は「歓迎の歌」と「マリアさまのこころ」を全員で合唱し、みなが親睦をはかるよい機会となりました。


11月のメッセージ

月報ダウンロード