ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

僕たち・私たちの練成会



7月31日(木)から8月2日(土)までの2泊3日で富士五湖・山中湖「ホテル清渓」において錬成会と合宿を行いました。小学生の錬成会のテーマは「私たちの教会」で、各班ごとに話し合って理想の教会を立体的に表現しようというものです。中高生の合宿のテーマは「Play & Pray」で、自分たちでプログラムを組み立てていこうというものです。


ハイキング

小学4年  新井 うらら
 わたしがハイキングで一番楽しかったのは、教会作りの材料集めです。松ぼっくりや木の枝が落ちていたのでたくさん集めました。おもしろい形やきれいな色のものがたくさんありました。みんなでリーダー探しをする道の途中にも落ちていました。中でも、「ここにいます」という印の岩の上に、た くさん松ぼっくりがありました。ある女の子は「じゃあ、一つだけ…」と言ってありがたくもらっていましたが、わたしは「じゃ、えんりょなく」と言って全部もらいました。リーダーを探すのも楽しかったけれど物を拾うのも楽しかったです。小田神学生と色々な自然からの贈り物を拾いながらありがたく思いました。


教会作りとみんなと心

小学5年  森井 佑圭
 教会作りで学んだことから分かったことは、みんなが教会を作っている時は心も温かくなるということです。このような優しさからたくさんのお友達、そして、たくさんの人たちが幸せになることです。私も、お友達に優しい言葉を心からかけてあげたいと思います。そして、心から優しい人になっ て、たくさんの人を幸せにしたいです。


人との関わり

中学1年  磯野 真希
 合宿で新しい発見がたくさんあった。その一つは「人との関わり」だ。コーヒーサンデーなど中高生で一緒に行う機会も多かったが、なかなか高校生と話すことがなかった。だが、BBQや自由時間など話す機会が多く、新しい一面を見つけることができた。
 二つ目の発見は「がまん」だ。2日目は忍野八海や水族館やうどん屋など沢山のところに行った。水族館などで、まだ見たい水槽があったりしても、みんなが行こうとしたら「がまん」をしたりと、自分の意見だけではなくて、他の意見も尊重することが大切だと思った。中学生という小学生とはまた違う合宿で、3日間という短い間でも、二つの発見があった。なので、今回仲良くなった人ともコーヒーサンデーなどなど、これからの活動でより良い仲になって教会の活動を楽しみたい!


分かち合い

高校2年  森井 沙矢加
 中高生は「祈りのイメージ」について分かち合いをしました。私が祈りに抱く印象は、形式的なものではなく、祈る態勢でなくても心を神さまに向けるものという身近にあるものでしたが、他の人の話を聞くと、祈ることで安らぎを感じる人、祈りで救いを求める人と、私が今まで一度も抱いたことがない印象を抱いている人ばかりで驚きました。自分の考えを他の人と共有したり、他の人の考えにじっくり耳を傾けることで、それまで見えていなかったその人の良いところや、普段しゃべっているだけでは見ることができない真面目な一面を見ることができて新鮮だったし、ゆっくり自分と向き合うこ とで、それまで気がつかなかった自分の考えや価値観に気づくことができました。


なかま

大学2年  西村 航
 僕は今年初めて成城教会の錬成会合宿に参加しました。中高生会のリーダーです。去年の4月、生まれ育った長崎から東京にやって来ました。長崎のカトリック信者として生まれ、中学高校もカトリック・ミッションスクールです。赤ちゃんの時から神さまを感じながら育ってきました。でも初めて東京で暮らすのは正直不安でした。近所に教会がありました。それが成城教会でした。
 東京にも可愛い弟と妹が沢山できました。僕は今、毎日が充実しています。今、はっきりと言えます。神さまは共におられると。 「それぞれが違う場所で生まれて育ち、違う足跡を残し、道を歩んできた。強い力によって道が重なり合って、今ここに集まった。キリストのもとにあって、僕たちはいつまでも仲間だ」(今年度錬成会テーマソング「なかま」)。


11月のメッセージ

月報ダウンロード