ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

復活徹夜祭

復活の聖なる徹夜祭

2014年04月19日
18:00 福島 一基神父

4月19日の夜、日が沈み明かりのない薄暗い聖堂で、たくさんの信者が沈黙のうちにその時を待っていました。新しい光がともされた復活のろうそくが古郡神父によって高く掲げられ、行列は進みます。その火は一人ひとりのろうそくにともされ、高らかに復活賛歌が歌われ、復活の聖なる徹夜祭が盛大に始まりました。


引き続き「ことばの典礼」では、昨年の復活祭での受洗者によって三つの朗読がされました。マタイによる福音が読まれ、福島神父は説教の中で次のように述べられました。「私たちの人生は不安・苦しみを伴い、自分たちの力ではどうしようもないものに遭遇し、とても理不尽で不条理に感じられる。イエス様も同じように、愛を行い、救いの福音を告げ、人々を癒し、それでも十字架に架けられ殺されてしまう。しかし、それだけでは終わらない。歴史上でも、苦しんだことがあっても、その経験、傷、苦労があったからこそ再び立ち上がることができた。これこそ復活である。不安や苦しみの渦中にあっても前を向こうとする。そういうよいものとして神様は私たちをお造りになった。必ず復活できる、この先がある。『すべては復活する』。これこそ神のお恵みです。私たちは洗礼の恵みによって復活をよく知ることができる。古い自分に死に、新しいいのちに生きていくことができる。私たちは常に新しくされ、キリストへつながっていく。天使はガリラヤへ行きなさい、といった。ガリラヤには日常がある。復活したイエス様がいつもともにいてくださる。信仰を日常のなかで発揮していきましょう」。


次に、諸聖人の取り次ぎを願って連願がうたわれ、厳かに洗礼と堅信の儀が行われました。福島神父、古郡神父から教えを受け、この日のために準備してきた21 名の方々が両司祭によって洗礼を授けられました。新しい家族を迎え、聖堂内の拍手は鳴りやまないほどでした。


信徒全員に信仰のろうそくの火がともされ、洗礼の約束の更新がされました。両司祭によって聖水を受け、受洗者とともに、力強く、新たな信仰に生きる誓いを新たにした夜となりました。


11月のメッセージ

月報ダウンロード