ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

主の洗礼の祝日

幼児洗礼、新成人の祝福/新年会

2014年01月12日
10:00 主司式:福島 一基神父

1月12日の「主の洗礼の祝日」10時のミサで、中村勇希ちゃんの幼児洗礼、10名の新成人の祝福と死者の祈念という3つの意向が捧げられました。


説教では、受洗者と新成人に向けて次のような話がありました。「成人を迎えると、これからはますます神が必要になる。神が皆さんにいつも寄り添っている。いろいろな経験をし、嬉しいこと楽しいこともあるが、信じられないようなことも起こる。神がいつも一緒にいてくださり、一緒に傷ついてくださることを思い出してください。イエスが人々の列に並び洗礼者聖ヨハネから洗礼を受けられたのは、悔い改めの象徴として水に沈み、神といつも一緒であるイエスは洗礼を受ける必要がないのに、正しいことを行うこと、即ち、神の恵、神の計画が行われるということを、身をもって表明されたのです。我々傷つく人、苦しむすべての人と一緒になっておられます」。「勇君、神様はいつも一緒にいてくださいます。苦しい時に一緒に苦しんでくださいます。これからは、経験したくないことも経験します。辛い時苦しい時ほど、神が共にいることがわかるようになります。父と子との交わりのなかで神が勇君を捕まえられたことを思い起こしましょう。十字架に架かってさえも共にいてくださる神に、大胆に奉仕し、活躍してください。“あなたと共にいる”という方のことを思い起こしましょう」。


そして幼児洗礼式が滞りなく行われ、使徒ヨハネ中村勇希ちゃんが誕生しました。


聖体拝領後に、新成人10人の祝福があり、恒例の祝福された十字架が授与されました。これは十字架を担うというお恵みを祈念するものでした。ミサ終了後信徒会館へ会場を移し、新年会・成人祝賀会が賑やかに行われました。


11月のメッセージ

月報ダウンロード