ホーム はじめての方へ カトリックとは 成城教会について ミサのご案内 行事日程 教会の活動 入門講座・勉強会 トピック

福島神父様歓迎会

復活節第3主日

2008年04月06日
10:00 福島 一基神父

8時半のミサに続き、福島神父様が秋津教会から転任されてから初めての主日の10時のミサを司式されることになりました。この日は桜がまだほぼ満開のままで、晴れた、和やかな春日和でした。

着任3日目で、満席の会衆を前に、神父様はまだ緊張しておられるようでした。初めに、「・・・。皆様と一緒に主の道を歩みましょう。」とご挨拶がありました。

第1朗読では、イエスの死と復活の出来事を神のご計画のもとに説明した使徒言行録(2・14、22-33)が読まれました。
第2朗読では、受洗の恵みをいただいた人々に対し、神の神聖にあずかり、神を畏れ、互いに愛し合うよう勧告したペトロの手紙(1・17-21)が読まれました。

福音朗読では、神父様が、復活の朝、エマオに行く2人の弟子にイエスが出現されたことを伝える有名なお話、ルカ(24・13-35)を力強くお読みになりました。復活のイエスに出会った弟子たちの姿がいきいきと伝わりました。それに続くお説教では、「成城教会にも問題があると思うが、問題(苦しみ)があって、信仰が生まれ、世の中に救いが見出されたのであるから、問題などを一緒に考える教会にしましょう。」という趣旨のことを詳しく説かれました。

「主の祈り」を手話で唱えられ、その仕草が優雅で、新鮮な感じを与えました。


福島神父様歓迎会

10時のミサの後、信徒会館2階で、約180名の信徒が集まって、新任の福島神父様を歓迎するパーティが開かれました。中央に配置されたテーブルは生け花やスナックなどで美しく飾られていました。

村上副委員長が司会を務められました。桑原運営委員長が開会のご挨拶をされ、次いで婦人会の山崎さんとWelcome Day委員長の実吉氏が歓迎の辞を述べました。その後、教会学校の子供たちが歓迎の言葉を一斉に発声し、代表の男の子から自己紹介カードと可愛い女の子から花束贈呈がありました。

神父様から次のような自己紹介がありました。
「1968年、昭和43年、猿年生まれ、7月20日で40歳。2002年に司祭に叙階。好物は鰻、鯵の開き、煙草、酒。阪神タイガースのファン。声が大きく、体は丈夫。支えるために遣わされたので、使ってください。車、オートバイ、自転車を持っていますのでどこへでも駆けつけます。」

第7代(1983-84)の運営委員長であった樋口氏が乾杯の音頭を取り、しばらく歓談と軽食が続いたところで、聖歌の大合唱があり、閉会となりました。

信徒一同、福島一基神父様を心から歓迎申し上げます。

11月のメッセージ

月報ダウンロード